キャリア決済現金化サービスの提供会社(以下「現金化業者」と呼びます)に申し込んだら、現金化業者から身分証明書の提出を求められることがあります。「顔写真付き」を条件とするところも多く、準備しておくのが無難でしょう。運転免許証の他、マイナンバーカード、パスポート等が使えます。

現金化業者がこのような対応を取るのには理由があります。現金化業者はギフトカード等を安値で買い取ることで利益を上げています。従って、買い取ったものが指定したものに類似した別の何かであった場合(例えば盗品や中古品)、大きな損害が発生することになるのです。こうした詐欺行為にあうことを未然に防ぐ目的で、身分証明書を提出させています。

購入対象として現金化業者が指定する範囲は限られています。そもそもキャリア決済で買い物できる商品は各キャリアに決められているからです。例えばドコモでは、ヤフー、アマゾン、ドコモオンライン等でしかキャリア決済できません。どのキャリアと契約してもギフトカード類をキャリア決済することができるため、多くの現金化業者は購入対象としてギフトカード類を指定します。

ギフトカードを購入したら、そのカードに記されている額面とコードをメール等で現金化業者に伝えます。現金化業者はコードが適正に購入されたものであることを確認し、元値の6割~8割に相当する額を己の口座に振り込んでくれます。業者によっては別途手数料を差し引くところもあります。最後に振込完了通知を受け取れば、ATMから現金を引き出せるという手筈です。

さて、こうしたキャリア決済現金化サービスは合法行為なのでしょうか。便利だとしても、違法行為であれば利用するわけにはいきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です