携帯決済現金化やクレジットカードの現金化においては、身分証明所の提示が必要です。しかしながら、悪徳業者によっては個人情報を詐取するために、身分証明書以外のものを提出させようとしたりするケースがなかにはあるので気をつける必要があります。

なお、悪徳業者が増えている昨今においては、悪質業者の典型的なケースというのも増えて来ています。例えば、クレジットカードの現金化において、クレジットカードの写真を送る必要はありません。本来ならばクレジットカードの情報は自分以外の人に伝える必要は絶対にありませんし。むしろ、個人情報を悪用されないために人に教えてはなりません。悪徳業者にクレジットカードを不正利用されて、身に覚えのない支払いを負わされてしまったということがないようにしましょう。クレジットカードでも、携帯決済現金化でも、悪徳業者には気をつけましょう。

悪徳業者の中には、クレジットカードの情報を送るように言うだけでなく、クレジットカードそのものを一時的に提出したり、送付することを要求してくる業者もいるようです。そういったケースは明らかにおかしいので、自分の個人情報をむやみに外に出す事のないよう気をつけましょう。