現在、多くの人が携帯電話を使っていますが、 現在の携帯電話は1980年代以降ようやく実用化されたものであります。そのため、それほど長い歴史を持っているわけではありません。

この時代の電話機は自動車 積むものであったため、まだ「携帯電話」とは よばれず、「自動車電話」と言われるものでした。しかし、サービスが開始されると、徐々 基地局が増え、システムができあがって行きました 現在のように携帯電話が手のひらにおさまるサイズになるには、年数を重ねて行くうちに携帯電話が進化していったということなのです。最近では携帯電話の現金化なども合法的に行われています。

世代 (1G)は、アナグ方式の携帯電話をいう日本のNTT大容量方 (HiCAP)や、 001セルラJTACS、米国のA M PSなどがこれにあたります。

世代 (2G)はドモのPOCEU圏のGSM O-AMPS となっています。                                世代 (3G)は、通信に関する国際機関であるITU(国際電気通信連合) で定めたIMT2000に準拠したデジタル通信方式をいいます。 2Gでは各国が独自 方式を開発したため、相互運用性がない状態となってしまいましたそこで、 IMT-2000は全世界での運用を可能にするように計画されたが、 さまざまな要因から単方式に統 できす、複数の規格を含むものとなっています。