携帯電話の画面は、アプリケーションプロセッサが作り出していて、人聞が利用するほとんどの機能は、アプリケーションプロセッサとソフトウェア が実現しています 。携帯電話のアプリケションプセッサ に は 、 パ ソ コ ン の CPUよ り も 消 電 力 が 低 い も の が 使 わ れ ています。                              データ通信は、アプリケションプロセ サ自体が行うだけでなく、 USBなどでパソコンに接続し 、 パ ソ コ ン が 通 信 を 行 う 場 合 に も利用できるのが特徴です。なお、電源部分は、携帯電話の中でも特に大きな場所を占めます

ここで携帯電話の歴史を振り返ってみましょう。無線を使って自由に移動させることができる電話のシステムは、 1946年 に米国のセンルイス市で電話会社によって始められました。当時はもちろん、今のような形ではなくトランシーバーのように通話先と交互 話すものでした。自動 ダイヤルの仕組みなどはその後導入されました。

当時の方式は大ゾーン方式と呼ばれているものでした。 1つの基地局が、広い範 囲をカバする方式となっていたのです。そのため、当時は加入者をあまり増やす ことができませんでした。通話量も制限しなければなりませんでした。また、端末も大きく、 電源が必要でした。そのため、今のように持ち歩くことができませんでした。今のように携帯電話を持ち運び、気軽に通信できるようになるにはかなりの年数がかかります。また、携帯電話決済の現金化なども、今では気軽に行われるようになっています。