クレジットカードの現金化業者の中には、悪質業者がいます。悪質業者の中には、利用者に不利な利用規約を持っている場合もあるので注意が必要です。悪質業者はよくあるのが換金率をごまかしているケースです。換金率を信じて利用したものの、かなり低い換金率を適用されたというケースがあります。このように、普段利用者は利用規約をあまり持たないという実態をよく把握しており、それを活用して不利な条件で契約させている悪徳業者がいます。これは、クレジットカードの現金化だけでなく、携帯電話の現金化においても同様です。

そのため、換金率が低いなどの残念な状況が生じても、利用規約を読んでいない利用者が悪いということになってしまうのです。そのため、悪質業者にひっかからないためにも、利用規約を必ず読むようにしましょう。

なかには、クレジットカードの現金化を途中でやめたいという業者に対して、キャンセルをした場合、キャンセル料の支払いを要求してくるケースもあります。また、換金率なども、簡単に変更するケースがあります。利用規約に書いてあればなんでもOKと感じさせるような対応の悪徳業者もなかにはありますので、注意してください。これは、クレジットカードの現金化だけでなく、携帯決済の現金化においても悪徳業者というのはいますので、注意してください。