携帯決済現金化やクレジットカードの現金化をする場合、携帯電話の契約やクレジットカードの契約をまずはする必要があります。携帯決済の現金化もクレジットカードの返済も支払い能力があるか否かが問われます。携帯決済の契約もクレジットカードの契約も、一定の支払い能力がないと契約が難しいと思われていますがそうでもありません。

たとえば、主婦や無職の学生の場合はどうでしょうか。クレジットカードの契約はできないのでしょうか。決してそんなことはありません。主婦であれば配偶者、無職の学生であれば親が支払い能力がある場合には、契約することができます。

ちなみに、クレジットカードの仕組みをご存知でしょうか。クレジットカードとは簡単に言うと、商品の購入によって発生する支払いを後払いにする仕組みです。たとえば、デパートで食器を買った際にその場でお金を払うのが現金払いです。クレジットカード払いの場合には、その場でお金を払わずに後日支払うのです。消費者であるあなたと販売会社の間で締結する後払いによる売買契約と言えるものがクレジットカードの決済です。